集客から優良顧客育成まで‎、ウェブと実店舗の連携で実現した個客識別マーケティング/小売業、飲食業・サービスの業績をアップした日本の実績400店舗以上の立証!

個客識別マーケティングとは?

  • HOME »
  • 個客識別マーケティングとは?

トレストナレッジの「個客識別」マーケティングとは?

「トレストナレッジ「顧客識別」マーケティング」の考え方としては、従来のマーケティング、

つまり企業からお客様を知らない状態でメッセージを送り出すようなマーケティングはもう徐々に機能しなくなっていること、

消費者たちはますます広告やダイレクトメールやありふれたセールス文句に耳を傾けなくなり、それらを避けようとこと、

インターネット広告をクリックする人はどんどん少なくなっていること、

などなどを起こらないように、有効なマーケティングを行うことです。

では、企業はどうすれば有効なマーケティングを行われるでしょうか?

消費者の行動に目を向けると、「問題や必要なものがあるときに、ネットで検索して解決しようとする」という行動は、今や消費者にとって当たり前のことになっています。

店でも、科学的な分析を中心に、売上・利益を向上させることも、小売業のお客様の集客・販促・マーケティングの主流の時代になっています。

顧客戦略策定から、競合店舗対策、新規会員集客、客単価向上、離反顧客のモニタリングなど小売業の日々の戦術的な課題にも大いに活かすことができるようになってきました。

ヒントはここからです。セミナーを通して、消費者の行動を知り、有効なマーケティングのノウハウを習得します。

何故?アウトバウンドマーケティングからインバウンドマーケティングへのシフト必要!

実店舗の顧客行動と同様に仮想店舗も、今までチラシ、DM、カタログなどなどのアウトバウンドマーケティングに投下していた費用を、インバウンドマーケティングに割り当てみた結果は投資対効果が高かったことを分かりました。

コンテンツにより、訪問者が購買サイクルのどのステージにいるのか?

購買頻度どのくらいか?次の購買意欲はどこにあるのか?などなどを見極め、

ステージごとに合ったアプローチをとること、また、実店舗誘導することも、

有効なマーケティングを期待できます。詳しいお話はセミナーへどうぞ!

どのように有効なマーケティングを実現する?

「有効なマーケティング」とは真のお客さんを掘り出すこと

下記の図のような悩みは企業が大きくなれば、なるほど、経営者の悩みになります。

儲けるお客さん

集客から、マーケティングまで、この一連のプロセス結果は収益です。但し、収益につながる大事なことは真のお客様を掘り出せることです。本当に貢献しているお客様に予算を投入することによって、経営の繁盛を

収益を確保できるマーケティングは上の図の悩みを解決、予算をアウトバウンドマーケティングからインバウンドマーケティングに投入することです。

実はアメリカとヨーロッパでは日本よりはるかに進んでいます。アメリカとヨーロッパでは上手くインバウンドマーケティングを活用して、グローバル市場の体力を作っています。

間違いだらけのマーケティングは売れない時に、必死の販売でも売れないのは売れないです。

賢いマーケティングのノウハウ&構築はセミナーでトップ3を公開します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-56-2010 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ

売れるマーケティング新書紹介

売れるマーケティング新書紹介

リング集

リング集

個人情報保護方針

個人情報保護方針

環境に優しい運用

環境に優しい運用
Copyright © Janga Tech. Inc. All Rights Reserved.